どこのメーカーか覚えていないレジスターの話

飲食店で働いていたころ、大幅なメニューの変更がありました。それこそ8割のメニューの内容や価格が変更されました。

私は、調理担当だったので、レジスターの扱い方が分からなかったのですが、同じ店舗にいる従業員全員が分からないという事態。

その店舗の立ち上げの時に来た従業員に来てもらい、操作をすることになりました。

まずは説明書がある位置から。

番号に料理名がシールで貼られており、それが大半を占めているタイプですが、表面を外すとキーボードのようなものが。

全250種類以上ある料理や飲み物の名前と価格を延々と打ち込む作業。立ち上げ時の従業員が手伝ってくれたのは最初だけで、調理場スタッフ、ホールスタッフともに、明日の開店午前11時までに間に合わせようと閉店の午後11時から3人交代で打ち込む。交代して打ち込む。途中から確認を怠りだして、すべて終わった後に確認。間違いが多数あり、余計な手間と時間がかかりました。すべてが打ち込めたのが朝8時。メニューの変更が大掛かりすぎたのもありますが、もう少し変更が容易でも良かったんじゃないかと思いました。もう10年も前の話ですから、今のレジスターはもっと簡単に変更できそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です